昭島市・立川市の住宅塗装・外壁塗装・防水工事は守屋塗装にお任せください!

記事詳細
記事詳細

穏やかな季節( ◠‿◠ )

春になり気持ち良い気候が続き、緑豊かになり気持ちまで穏やかになります^ ^

私的には冬から春になるこの季節が1番好きかもしれません(^-^)

ただいま施工中の昭島市松原町の積水ハウスの住宅。

積水ハウスのようなハウスメーカーの場合、サイディングの目地がシールじゃなくパッキンのようなものが詰まっている場合があります。

乾式目地(ガスケット目地)といいこのパッキンが水密性を保っています。

このパッキンが劣化した場合、積水ハウスにしか取り扱いできない材料ですので、今回のように塗装店が直接施工させていただく場合、コーキングでの代替えでの施工になってしまいます。

パッキンは超寿命ではありますが、経年劣化で反ったりし外れてしまう場合があります。

その部分をコーキングで下処理します。

打ち替えていないパッキンはそのまま塗装してしまいますと、パッキンに含まれた油分が塗装後、浮き上がり黒ずんでしまいます。

対策として、各塗料メーカーがだしているシミ止め専用の下塗り材を塗っていきます。

これで黒ずみを抑制する事ができます。

天井の板も金属用下塗り材で下塗りします。

どれも塗装して仕上げてしまえば見えない作業になってしまいます。

手を抜こうとすれば、やらなくても仕上げる事は可能です。

塗ったばかりは綺麗になるのは当たり前。

このような下処理は時間が経って差が現れます。

きちんとした塗装工事するには、それなりに時間と手間がかかるものなんです。

足場がかかり鬱陶しい、邪魔だなんて思ってしまうと思いますが、ご理解いただけたらなと思います(^-^)

 

今日も住宅とアパートの外壁塗装の足場工事着工しています。

また更新します(o^^o)